コンサルタント紹介事業

人事コンサルタント紹介事業(無料:全国対応)

人事コンサルタント協会では、以下の分野のコンサルタントを無料で紹介します。
当協会で紹介するコンサルタントは、一定のプロジェクト参画経験を有していることを協会が証明いたします。
ご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。
また、コンサルティング発注を検討されている企業様以外に、現在進行中あるいは着手予定のプロジェクトのメンバーを探しておられるコンサルタント様の相談も承ります。

コンサルタントの品質保証

コンサルタントには、特別な資格は不要です。自分で名乗りさえすればその日からコンサルタントになれる上、国からの規制も特段ないため、様々なレベルのコンサルタントがいるのが実情です。このため、プロジェクトをこなす能力がないのにコンサルティングを受注をし、様々なトラブルを起こしている事例もあるようです。
当協会では、これらの状況を危惧し、業界の健全化のためにも、コンサルタントの品質保証に取り組んでいます。
当協会が紹介するコンサルタントは、
・少なくとも10プロジェクト以上(うち、プロジェクトリーダーとして3案件以上)
・プロコンサルタントとしての経験が最低3年以上(新卒からコンサルティング業界にいる場合は8年以上)
のコンサルタントしか紹介いたしません。
また、顧客名などを秘匿してうえでプロジェクト資料などを監査するか、資料確認ができない場合には、本人同意のもと顧客や前職責任者へヒアリングを行うなどの方法で、実績を十分確認していますので、安心してご依頼いただけます。

紹介可能な専門分野

①賃金制度

コンサルティング事例
・制度未整備の企業・団体様に一から制度を構築
・年功賃金から成果型への切り替え
・行き過ぎた成果給から定着を重視した制度へ

専門知識の乏しいまま賃金制度を改定すると、財務的に経営を圧迫したり、法令に抵触したりと、様々な問題を引き起こしかねません。賃金制度改革には高い専門性を備えた外部のコンサルタントを参画させることをお勧めいたします。


②人事評価

コンサルティング事例
・目標管理制度の運用方法改善
・社員の自律的な行動を促す評価制度への変革
・抜擢が可能な評価制度への改革
・社員の育成につながる評価システム導入

21世紀に入って、日本の企業には成果主義が進展しました。行き過ぎた成果主義は様々な弊害をもたらしたため、現在では運用方法の見直しに着手する企業が増えています。どのような弊害が増え、どのような対処を行っているのか、その知見を多く備えたコンサルタントを活用することが、他社と同じ轍を踏まないための賢明な選択といえるでしょう。


③教育体系の構築

コンサルティング事例
・グローバル社員の育成
・役員選抜研修の設計
・階層別教育プログラムの設計
・職種別教育プログラムの設計
・全社教育体系の設計
・キャリア開発プログラムの設計

近年では、管理職や役員候補者等の選抜に手厚く予算配分を行い、一般職層のスキルアップは自己責任とする方向へシフトしている企業が少なくありません。
どのような教育施策をとるにせよ、従業員個々人のキャリア形成をどのようなポリシーのもとに行うのか、明確なポリシーの上に教育体系を設計していくことが望ましいといえます。


④採用支援

コンサルティング事例
・採用プロセス効率化
・応募者数の増加施策の検討
・雇用ポートフォリオの検討
・採用業務のアウトソーシング

雇用形態は多様化し、コストと雇用形態の最適化は大きな課題です。また、超少子高齢化社会を迎え、そもそも応募者を集めることができない企業が増加しています。採用だけに手間暇をかけられないが、採用しなければ立ち行かないというジレンマを解消するためにも、専門家の活用が効果的です。

上記以外でも対応できる場合が多いですので、お気軽にお問い合わせください。